腎臓病を早めに治す~医療機関で素早く改善~

医者

聴神経にできる良性の腫瘍

観葉植物

この腫瘍ができた時の対処

聴神経腫瘍とは、聴神経から発生する良性腫瘍の事を言います。基本的に片側の耳にしか発生しないものなのですが、両側の耳に発生する事もあり、良性の腫瘍なので無害ではあるのですが、大きくなってしまったり、できた場所が悪かったりすると最悪の場合、死に至る事もあると言われています。そのため、聴神経腫瘍を発見した場合には早期から病院を受診して治療を行う事が大切です。聴神経腫瘍の治療では、手術による腫瘍の切除が行われるのですが、患者さんによって知覚障害や視覚障害、聴覚障害などの障害を始め、様々な後遺症が残ってしまいます。そのような後遺症を軽減させるためには、医師から処方された薬を服用して、リハビリテーションを行う必要があります。

腫瘍の治療の今後

聴神経腫瘍の治療の基本は、経過観察や放射線治療や手術による治療が行われます。これらの治療を行う時の判断としては、腫瘍の病状・患者さん自身の年齢や意見・治療施設の条件などを基準としています。腫瘍が小さければ経過観察で様子を見る事が基本となっており、腫瘍が大きければ手術で切除する必要があり、患者さんが高齢者であれば、手術では体への負担が大きくなってしまうために、体への負担が少ない放射線治療を行う必要があります。今後は、セカンドオピニオンの普及により、専門性の高い医師に治療を求めて、インターネットなどで検索した上で治療を受けるといった専門性と実績のある施設のセンター化が進み、医療技術が向上していくものだと予測されています。

Copyright© 2016 腎臓病を早めに治す~医療機関で素早く改善~ All Rights Reserved.