腎臓病を早めに治す~医療機関で素早く改善~

医者

時代も影響します

女性

摂れないものはサプリで

骨粗鬆症の主な治療法として、薬物療法と食事療法が挙げられます。薬物療法はどちらかというと補助的な治療で、主に骨の形成の促進を助ける役割を果たします。メインとなるのは食事療法です。骨粗鬆症に有効な栄養素や成分を摂取することでもろくなった骨を丈夫にすることが食事療法の目的となります。普段の食事で栄養素を摂った方が吸収率は高くなるため、管理栄養士などの指導のもと、カルシウムやビタミンDなどの多い食事を心がけることとなります。しかし、骨粗鬆症にはコンドロイチンやマンガンなどといった栄養素も効果があるとされています。特にコンドロイチンは普段の食事では摂取しにくいため、サプリメントや薬品で摂取することができます。このように、サプリメントも上手に利用すると骨粗鬆症に効果的とされています。

婦人科にて活発化し得ます

骨粗鬆症は閉経後の女性に多いことから、今後骨粗鬆症の患者が増えていくことは言うまでもありません。ただ、閉経後といった女性ホルモンの減少時に起こりやすいことから、ケースによっては女性ホルモンを増やす薬剤などを使った治療もおこなわれる場合があります。このように骨粗鬆症は外科というよりは婦人科にもかかわる病気となっています。したがって、今後は高齢化につれて患者も増えることが予測できるが故に婦人科においても骨粗鬆症の治療が活発化していくことが考えられます。ただし、骨粗鬆症は無理なダイエットなどを繰り返すことで若い女性にも発症するリスクがあります。若い女性の場合こそ婦人科での治療が重要となることが考えられます。

Copyright© 2016 腎臓病を早めに治す~医療機関で素早く改善~ All Rights Reserved.